パワージューサー

パワージューサー使用時のコツ

パワージューサーを使っているうちに、入れる野菜や果物によってはちょっとしたコツが必要なことが分かってきました。
ムラのないジュースを作るためにも、ひと工夫することでより美味しいジュースになります。
例えば、二種類以上の材料を使う際には、材料を交互に入れたほうが味が均一になります。
また、葉物野菜や柔らかめの野菜などをジュースにしたい時は、材料を丸めて入れたり、堅めの材料に挟んだりすることで、食材を詰まらせることなく上手にジュースにすることができるんです。

切れ目を入れて

例えば、オクラをジュースに使う際には、人参にこんな風に切れ目を入れて挟んだら上手くいきました。
今回は、これにグレープフルーツもプラスしました。

色はあまりきれいではありませんが、栄養価満点のジュースのできあがりです!

ジュースが二層に分かれていたので、ストローでくるくる~とかき混ぜます。
さっきのお野菜がジュースになった!と子どもも大喜び。
野菜本来の甘みや酸味が感じられるジュースです。一口飲んでみて、子どもにはあまり好まれない味かな?と思ったのですが、意外と我が子の口には合ったうで、コップ一杯のジュースを全部飲み干していました。

プッシャー

野菜や果物を投入し、プッシャーを押し入れる際には、必ずプッシャーの▼と投入口の▲とを合わせるようにします。そうしないと、プッシャーががっちり入って、抜けなくなってしまいます。
実はこれは私が使い始めの頃にしてしまった痛恨のミス!なんです。プッシーがやっと外れてくれた時にはホッとしました。

 

次のページ「自家製青汁」へ⇒

 


「仕事の活動量が違うのかな」
中蔦勝一さんのパワージューサー感想

使用動画⇒コチラ